検索

ショートカットキーの話 1

Excelにも様々なショートカットキーが用意されています。全て覚える必要はありませんが

【よく使うショートカットキー】は覚えていきましょう。





この記事は現役システムエンジニア兼Excel・Access講師の竹内葵が自身の経験から少しでも皆様が業務効率化出来ればと思い記事にしました。


早速本題ですが冒頭にお伝えした【よく使うショートカットキー】は覚えましょう。

逆に言えばそこまで頻繁に使わないショートカットキーは覚えなくて良いんです。


例えばExcelの作業時に【コピー&ペースト】をよく使うのであれば

コピー&ペーストのショートカットキーを覚えれば良いですし

【切り取り】をよく使うのであれば切り取りを覚えれば良いです。


つまり

自身が頻繁に使っている機能は何?という事です。


ネット上でこれだけは覚えようショートカットキー20選などの記事を見かけますが

その記事に少し疑問をいだきます。

本当に20個ショートカットキーを覚えたとして3個忘れてしまった場合にはどうすれば忘れた3個の機能を実現出来るのでしょうか?


本当に大事なのは

忘れた場合の導き方

のような気がします。



例えばテーブルを作成するというショートカットキーを覚えていたとします。

あまり使わない時期があり忘れた場合にどのようにしてテーブルを作成するかです。

そこで今回、ショートカットキーを覚える前にするべき事として

タブとリボン、または右クリックメニューで覚える!!

これを守った上でショートカットキーを覚えるならGoodです。

なぜならショートカットキーを忘れても目的を果たせるからです。



では、皆様に共通する頻繁に使う機能を紹介します。

コピー&ペースト。通称「コピペ」です。


方法は右クリックで表示されるメニューの中から「コピー」を選びます。

その後、貼り付けをしたいセルを一度左クリックしてから右クリックをして表示されるメニューから「貼り付け」を選びます。

標準操作を覚えた上で

ショートカットキー紹介

Ctrl + C キーでコピー

貼り付けをしたいセルをクリックして

Ctrl + V キーで貼り付け


まとめ


1.むやみやたらにショートカットキーを覚えようとしない。

2.まずは標準機能で頻繁に使っている機能だけを考える。

3.忘れた場合の導き方に慣れる。


以上、ショートカットキーのお話でした。

閲覧数:223回